こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」

新ネタ

練馬のおすすめニュース編集室
こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」 - こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」

こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」

子どもが大事にしていたおもちゃがこわれてしまったとき、どうしていますか?捨ててしまうのはまだ早い! 区内の「おもちゃ病院」に持ち込み、修理してもらいましょう。区内のおもちゃ病院といえば、「ねりまおもちゃクラブ」。
おもちゃ好きで、モノづくりに興味のある"おもちゃのドクター"約20名からなり、こわれたおもちゃを無料で修理する活動を行っています。
受け付け時間内に、こわれたおもちゃを持参して来院。ドクターにおもちゃの"症状"を伝えると、その原因をつきとめ、修理にとりかかります。早く受け付けすると、その日のうちに修理が完了することもあるそうです。部品の取り替え等が必要で時間がかかる場合は"入院"し、後日引き取りとなります。これまで修理してきたおもちゃの完治率は95%で、訪れた親子に喜ばれているそうです。

こわれたおもちゃを修理してくれる「おもちゃ病院」 - 「おもちゃ病院」は月に2回、石神井公園で開催

「おもちゃ病院」は月に2回、石神井公園で開催

おもちゃ病院」は現在、毎月第2・第4土曜日の13:00~16:30まで、石神井公園の石神井公園区民交流センターで開催されています。受け付けは15:00までで、修理費用は無料。部品を取り替えた場合は実費がかかります。電池を使うおもちゃは、電池切れのままにしておくと、液もれを起こしてさびの原因になり、こわれやすくなるので注意が必要なのだそうです。おもちゃを目の前で修理してもらうことによって、物を大切にする心を育てていきたいですね。「ねりまおもちゃクラブ」は、おもちゃの修理に加え、区内のイベント等で手作りおもちゃの指導なども行い、「物を大切にする心」「手づくりの素晴らしさ」を伝えて続けています。

おもちゃ病院について 修理 おもちゃ病院