私立の中高一貫校の魅力とは 練馬区にある私立の中高一貫校 東京女子学院を取材しました 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

私立の中高一貫校の魅力とは

特集

練馬のおすすめニュース編集室
私立の中高一貫校の魅力とは - 練馬区にある私立の中高一貫校 東京女子学院を取材しました

練馬区にある私立の中高一貫校 東京女子学院を取材しました

加熱する中高一貫校への進学熱。近年では公立の中高一貫校が増え始め、「中高一貫」であることの魅力を再認識する機会も多いと思われます。ただ、大切な我が子の「預け先」を考える上で、公立と私立を、学費という単純な数字の違いだけで判断するのは危険です。メリットの裏に様々な欠点も指摘されている公立に比べ、確立された伝統をもつ私立中高一貫校への入学は、幸せな将来を手にする最初の切符になるのではないでしょうか。
私立中高一貫校の魅力の一つ目は、長く確かな伝統が形成してきた、6年間を通しての学習指導。この計画的でゆとりのある教育プログラムは、大学受験の高い合格率にも直結しています。クラブ活動においても、高校受験のために活動を中断することなく打ち込むことができ、その強い精神力・集中力は、社会に出たときに大きな武器となるでしょう。二つ目は、熱心な情操教育。芸術鑑賞や海外語学研修などの体験学習に力を入れている学校が多いのも私立の特徴です。そして三つ目は、その学校ならではの充実した施設や校風が挙げられます。

練馬区関町北に「東京女子学院」という私立中高一貫校があります。開校76年という長い歴史をもつこの学院は、基礎基本を積み重ねることを学習のポイントとし、揺るぎない基礎力と応用力を養う名門校です。そして何よりも、6年間をかけて“日本女性の美しさ”を学ぶことができる学校でもあります。
西武新宿線武蔵関駅から徒歩3分。閑静な住宅街の一角にある東京女子学院は、小高い丘の上にあり、涼やかで優しい風や、都内では見ることが少なくなった校庭の土の感触、夏から秋にかけては淡紅色や白色の芙蓉の花の美しさを感じることができます。芙蓉の花は、東京女子学院の校章モチーフ。その意味は、芙蓉の花のような美しさと優しさを持ち、芙蓉峰(富士山)のように気高い気品を備えた女性をイメージしているそうです。
校舎に入って驚くのは、生徒を取り巻くすべての環境が、自然素材にこだわった木材で造られている点。外見はどっしりとしたコンクリート校舎ですが、中に入ると壁、床、廊下、生徒たちの机や椅子に至るまで、すべて自然の木材で造られていました。木の香りや温もりは心にも身体にも優しく、東京女子学院が狙う情操教育に一役買っているのでしょう。また、校舎内のどこを見ても、たまったホコリやゴミはひとつもありません。美しく艶がかかった廊下は、よっぽど優秀な清掃業者に依頼しているのだろうと尋ねたところ、「掃除は生徒たちが毎日行っています」とのこと。生徒たちに会わずとも、その品格に触れた思いがしました。
 さらに、東京女子学院の代表的な施設として、「美術館酒井ギャラリ-」があります。ここには、多くの西洋古典版画や絵画、彫刻などが展示されていて、お昼休みには自由に閲覧できるよう開放されているようです。また、30畳以上の畳を使った「礼法室」では、質実な小笠原流礼法や江戸千家茶道を指導。自然を心とする華道の授業で生けたお花も飾られます。質の高い美に触れ、礼を学ぶことで、生徒たちの感性を磨いているとのことでした。私立学院ならではの施設で身に付けることができる感性と礼法。卒業後の長い人生で、大きな潤いと美しい振る舞いを与えてくれることが容易に想像できます。
ちなみに、前回、練馬のおすすめニュースが取材した照姫まつりの「照姫様」は東京女子学院の生徒です。
照姫祭りで披露されたあの上品な振る舞いは、この学校の日常から生まれでたのでしょう。
照姫まつり取材記事はこちら
↓↓↓
http://www.nerima-news.com/Reports/view/270

私立の中高一貫校の魅力とは - 東京女子学院は『こころ』を育てる学校

東京女子学院は『こころ』を育てる学校

東京女子学院の金井康校長にお話を伺いました。
「本学院の挨拶は『ごきげよう』です。生徒には校門の出入り口で学び舎に向かって一礼をする習慣があります。その生徒たちの姿勢は本当に自然で美しく、私は真似することができません。昨日今日覚えた礼の姿勢ではないのです。その礼は心の表れであり毎日やっているからこそ身に付いた実に美しい一礼なのです」
かつての卒業生が、母となり、現在は自分の娘を東京女子学院に通わせているというご家庭も多くあるそう。世代を越えて美しい女性像を育てていく東京女子学院が母校であることを、誇りに思う保護者の方も多いといいます。
「学校は、勉強を“教える”ところではなく、まだ成人していない子どもたちをいかに“育てる”か、だと考えています。教える以上に、育てる教育であるべき。東京女子学院は『こころ』を育てる学校です」
最後におっしゃった金井校長の言葉がとても印象的です。“育てる”からこその6年間。この言葉にこそ、私立中高一貫校の魅力の本質を見た思いがします。

東京女子学院のホームページはこちらから
↓↓↓
http://www.tjg.ac.jp

私立の中高一貫校の魅力とは -

私立の中高一貫女子校の魅力について 中高一貫校 私立