トイレをリフォームするならバリアフリーがおススメです。 高齢者が使いやすいトレイのバリアフリーリフォームとは 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

トイレをリフォームするならバリアフリーがおススメです。

特集

練馬のおすすめニュース編集室
トイレをリフォームするならバリアフリーがおススメです。 - 高齢者が使いやすいトレイのバリアフリーリフォームとは

高齢者が使いやすいトレイのバリアフリーリフォームとは

家族が1日に何度も利用するトイレ。家族全員が気持ちよく使いたいものです。今回は高齢者が使いやすいトイレバリアフリーリフォームをご紹介します。

高齢になり足腰が衰えても、トイレはできるだけ人手を借りずにひとりで済ませたいと誰もが思っています。つまり、トイレバリアフリーリフォームでは「ひとりで済ませられる設備にすること。」が大切です。そして万が一、介助が必要になったり、車いすを利用する事も設計の際に考えると、二重リフォームを避けることができます。毎日何度も行くトイレは、使用中のことだけでなく通路や出入口についての配慮が必要です。高齢者の動作や困っていることを考えてバリアフリーに設計する事が大切です。

トイレ入口の段差を無くす。
高齢者はちょっとした段差でもつまづきやすくなります。まずは、トイレ入口の段差を無くすことは重要です。出入り口の敷居を下げたり、既存の入口にスロープを付けて段差を解消するなどで、トイレの入り口をフラットにします。また、入口がフラットになると、車いすの移動もスムーズになります。扉は「引き戸・引き込み戸」が良いでしょう。もし、引き戸・引き込み戸に変更できない場合は、「扉は外開き」にします。内開きでは中で事故が合った場合、人につかえて開かなくなる場合もあるからです。扉の間口も90cm以上確保すると車いすの利用も楽にできます。

②便器への立ち座り動作を楽にする設備にする。
車いすから便器に移乗するために、あるいは慎重に腰をおろしゆったりと立ち上がるために手すりは必要です。車いすから便器の移乗は横型が、立ち上がりには縦型の手すりが効果的なので、L字型の手すりが安全・安心です。便座が上下する装置を既存の便器に取り付けるタイプもあります。また、高齢になると排せつに時間がかかる場合があるので便器に長時間座っていても疲れない工夫があると良いでしょう。その為に、ひじ掛け、背もたれがあるトイレ用手すりなどがあります。

③スリッパなしでOKな床材がおすすめ。
高齢者には、スリッパは滑りやすく危険です。また履き替え動作にも手間がかかる場合もあります。そこで、スリッパに履き替えなくても、気持ちに不潔感や抵抗を生まない素材・色のものを施工しましょう。


すこし大がかりなリフォームになりますが、介助者が一緒に入る、スムーズな車いすでの出入りの為にトイレのスペースを広くしたり、夜中にトイレに行くことを考慮し、寝室と同フロアにトイレを設置したりするなど家の中のバリアフリーも検討すると良いでしょう。


今回は、トイレバリアフリーリフォームのポイントを紹介しましたが、それ以外に大切なのは、施工実績のある業者を選ぶことです。チラシ1枚を見て依頼したり、リフォームの個別訪問を受けて工事を発注すると、あとあと欠陥工事や金銭上のトラブルになる事もあります。

練馬区に本社を置く「株式会社ステップ」は、トイレバリアフリーリフォームをお考えの皆さまのご要望をお聞き、ご予算に合わせたプランを提案させて頂きます。
トイレバリアフリーリフォームに限らず、節水トイレや掃除がしやすいトイレなどトイレリフォーム全般についてもお気軽にご相談下さい。

株式会社ステップ
住所:練馬区貫井3-35-19
電話:03-3998-5922

※その他水回りりフォーム、建築外装・内装・清掃・リフォーム全般を取り扱っております。なんでもお気軽にご相談ください!

トイレのバリアフリーリフォームのポイントについて バリアフリー トイレ