練馬大根をおいしく料理しよう! 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

練馬大根をおいしく料理しよう!

特集

練馬のおすすめニュース編集室
練馬大根をおいしく料理しよう! - 練馬大根をおいしく料理しよう!

練馬大根をおいしく料理しよう!

練馬のブランド農産物といえば、練馬大根。今年も練馬大根の収穫時期がやってきました。
練馬大根は、江戸時代の第5代将軍・徳川綱吉が病を患い、練馬の地に治療に訪れた際に、栽培を命じたことから始まったと言われています。それ以来、練馬大根は、江戸住民の食生活を支える重要な野菜となり、明治時代の中頃になると東京近郊の市街地でも栽培されるようになって生産量が増加し、全国的に知られるようになったそうです。
都営大江戸線・練馬春日町駅近くの愛染院の境内には、約3メートルの記念碑「練馬大根碑」があります。
練馬大根が江戸時代からの地域の特産物であり、全国的に知名度が高まったことを記念して1940年に作られたそうで、この事からも、練馬大根の長い歴史を知ることができますね。
練馬大根は、生でも、炒めても、ゆでても、煮ても、どんな料理にもあう万能野菜としても知られています。寒くなってきたこの時期から、体の芯まで温まる料理・ぶり大根がおすすめです。

練馬大根をおいしく料理しよう! - 新鮮な練馬大根をじっくり味わいましょう

新鮮な練馬大根をじっくり味わいましょう

とれたての練馬大根の葉は、さっとゆでて浅漬けにしたり、刻んでじゃこと炒めて料理するのもおすすめ。首の部分は、甘みが最も強く、大根おろしなどの料理に使うとおいしくなるといわれています。
練馬大根の真ん中の部分は水分が多く、おでんやぶり大根などどんな料理にも合います。下の部分は辛みが強いので、炒めて煮る料理に。
練馬区内では、この時期、練馬大根の収穫体験が行われています。来る12月1日(日)には、毎年恒例の
練馬大根引っこ抜き競技大会」も開催。中太で長い練馬大根は、引き抜くのにコツが必要です。大会では、時間内にどれだけ多く引き抜くことができるか、どれだけ長い大根を引き抜くことができるか(グなどを競い、大会で収穫した練馬大根は、練馬区立の全小中学校の給食食材として使用されます。
収穫して、食べて、練馬大根の季節を楽しみましょう!

練馬大根について 料理 練馬大根