夏のゲリラ豪雨対策 夏、ゲリラ豪雨に気をつけよう 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

夏のゲリラ豪雨対策

特集

練馬のおすすめニュース編集室
夏のゲリラ豪雨対策 - 夏、ゲリラ豪雨に気をつけよう

夏、ゲリラ豪雨に気をつけよう

例年に比べて非常に多く発生しているゲリラ豪雨ゲリラ豪雨とは、集中豪雨の中でも降雨の範囲が非常に狭く、また降雨時間が短いにもかかわらず単位時間あたりの降雨量が非常に多いもの、つまり、非常に狭い地域の中で短い時間で驚異的な大量の雨が降る局地的豪雨のことを呼んでいます。
ゲリラ豪雨は、地球温暖化により日本の気候が亜熱帯化して来ていることで、雨の降り方も変化していることが主な原因と言われています。都市型のゲリラ豪雨は、アスファルトの熱などにより都市部が高温化する「ヒートアイランド現象」とも深く関係はあると考えられています。
練馬区でも、平成17年の、1時間あたり120mm、総雨量231mmを記録する過去最大級のゲリラ豪雨によって、石神井川の水があふれ、区内のあちらこちらで下水道管から雨水があふれ出すなど大きな被害が発生しています。
ゲリラ豪雨は、発達した積乱雲がもたらします。地面付近の暖かい空気が上昇すると、上空の冷たい空気とぶつかります。暖かい空気は軽く冷たい空気は重いため、大気の状態が不安定になり、この状態を解消しようと上下の空気が混じり合う対流が発生します。これがいわゆる積乱雲となり、1時間に100ミリを超す猛烈な雨を降らすことになるのです。

夏のゲリラ豪雨対策 - ゲリラ豪雨のときの注意点

ゲリラ豪雨のときの注意点

ゲリラ豪雨に見舞われてしまったら、流れこむ水の圧力などでドアが開かなくなるおそれがあるため、地下室に逃げることは避けましょう。家にいる場合は、洗濯機やおふろの水を流さないようにし、
携帯メールなどで、随時気象情報をチェックするようにしましょう。
万が一のときのために、練馬区のハザードマップをチェックしておくことも大切です。ハザードマップは、区役所本庁舎7階、各区民事務所や出張所で入手できます。あらかじめ避難場所を確認しておき、車での避難は控え、2人以上のグループになって行動します。逃げ遅れてしまったら、少しでも高い場所への避難を心がけましょう。

ゲリラ豪雨について 夏 ゲリラ豪雨