一時支援金申請は事前確認からはじめよう 緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金 練馬のおすすめニュース編集室 練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

練馬のおすすめニュース

グル―パーズ ニュースサイト

一時支援金申請は事前確認からはじめよう

新ネタ

練馬のおすすめニュース編集室
一時支援金申請は事前確認からはじめよう - 緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金

一時支援金の対象の方】
2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う

飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛で

売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等。

今回の一時支援金対象はけっこう、対象範囲は広めです。

緊急事態宣言発令地域の飲食店のみならず、

間接の取引がある農業者・漁業者、飲食料品関連

割り箸・おしぼりなどの商財関連、サービスの供給者なども対象。

また、対面で個人向けに商品・サービスの提供を行うBtoC事業者も対象となるみたい。

土産物販店や雑貨店、アパレルなどの小売事業者、宿泊事業者なども

旅行関係の場合、宣言地域でなくても対象の場合もあるようです。

詳しくは
中小企業庁「一時支援金」サイトをみてね!
https://ichijishienkin.go.jp/


【制度概要】
 ●支給額

   中小法人等:上限60万円

   個人事業者等:上限30万円

 ●受付開始時期

   令和3年3月8日(月曜)から5月31日(月曜)まで


【問い合わせ先】

 「一時支援金事務局 相談窓口」
  0120-211-240
  03-6629-0479(IP電話等からのお問い合わせ先)

  開設時間 8:30~19:00(土日、祝日含む全日対応)

今回は、申請前に税理士や確認機関による「事前確認」をおすすめしています。
登録確認機関の会員等であれば、帳簿書類等の確認が省略でき、
電話での質疑応答のみでの対応が可能です。


・練馬区の商工会/商工会議所の会員の方は当該商工会/商工会議所に、
・農協/漁協の組合員の方は当該農協/漁協に、
・中小企業団体中央会の会員の方は中小企業団体中央会に、
・金融機関と事業性の与信取引がある方は当該金融機関に、
・顧問の士業がいる方は当該士業に

そのほか練馬区の事前確認してくれる機関はこちら
https://reservation.ichijishienkin.go.jp/third-organ-search/search?prefName=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&cityName=%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E5%8C%BA&page=1

一時支援金申請は事前確認からはじめよう - 今回の一時支援金申請前には事前確認が必要

今回の一時支援金申請前には事前確認が必要

①申請希望者が事業を実施しているのか
一時支援金の給付対象等を正しく理解しているか

について、一時支援金事務局が登録した登録確認機関により、

「帳簿等の事務局が定めた書類の有無」や

「宣誓内容等に関する質疑応答」

等の形式的な事前確認を行います。

登録確認機関となっている団体等の会員、顧問先、事業性の与信取引先等であれば、

「電話」で「宣誓内容等に関する質疑応答のみの確認」に省略することができます。

練馬区の事前確認可能な機関一覧(中小企業庁のサイトより検索)
https://reservation.ichijishienkin.go.jp/third-organ-search/search?prefName=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&cityName=%E7%B7%B4%E9%A6%AC%E5%8C%BA&page=1


相談者がいない場合は電話してみて!

一時支援金申請は事前確認からはじめよう -

顧問税理士を探しているなら

顧問税理士をお探しなら「税理士ドットコム」で
何人かの税理士を紹介してくれます。

こちらから会ってみたい税理士を選べるシステムで、
仮に、その方も気に入らなくても大丈夫です。
気に入る税理士をご紹介してくれます。

もちろん、紹介料などは完全無料なのがうれしいですね!
あなたにピッタリの税理士さんが意外に近くにいるものです。






一時支援金は事前確認からはじめよう 事前確認 一時支援金

練馬のおすすめニュース編集室

練馬のおすすめニュース編集室

グルーパーズでは、新型コロナウイルスにより売り上げ減少に困っている事業者様に「練馬のおすすめ」を3カ月間無料で開放しています。宅配やテイクアウトなどをされている事業者様の支援になればと思っています。練馬区活性のために少しでもお手伝いができれば幸いです。
お問い合わせよりご連絡ください。
URL:https://www.nerima-news.com/Inquiries/inquiry