防災について学ぶ「ねりま防災カレッジ」 災害が起きても慌てない為に、自分や家族を守る方法を学ぼう! 練馬区 防災 学ぶ

災害が起きても慌てない為に、自分や家族を守る方法を学ぼう!

練馬区では、区民の防災対策として様々な事業を行っています。「ねりま防災カレッジ」もそのひとつ。前期と後期に分けられ、それぞれに初級・中級・夜間のコースがあります。どのコースも全4回で、講義、演習、実践を通じて「災害時に自分や家族を守るノウハウ」を学ぶことができます。なんと参加費は無料!ただいま前期各コースの受講生を募集中です。

そこで、「初級コース」の内容を少しご紹介します。

第1回目は、講義と演習です。講義のテーマは、『過去の災害から学ぶ自助対策の重要性』
21年前に起きた“阪神・淡路大震災”を例に、
「災害が発生した瞬間にどんな対応をすれば自分たちや家族は生き延びることが出来るのか」
「生き延びるための日ごろの対策は何か」などについて講演を聴きます。
講師は、元NHK防災記者の隈本 邦彦・江戸川大教授。

その後、「災害時のジレンマ場面体験」の演習を行います。
例えば、『震度7の地震が発生。区から避難勧告が出た。あなたは、家族同然のペットである犬を飼っている。避難所へペットを連れていくか、ペットと共に自宅に留まるか?』など、災害が発生した時に悩んでしまうような事例をもとに「その時、自分ならどう行動するか?」を考えていく演習です。

このように、「ねりま防災カレッジ」は、講義や演習、実践を交えながらの講習なので、楽しみながら防災知識を学ぶことができます。

参加費は無料です。災害が起きても慌てず行動するために、みなさんも、防災について学んでみませんか!

防災について学ぶ「ねりま防災カレッジ」 災害が起きても慌てない為に、自分や家族を守る方法を学ぼう! 練馬区 防災 学ぶ

「ねりま防災カレッジ」講座内容と申し込み方法

「前期・初級・平日コース」

◆対象者
~区内在住、在勤、在学の方
◆定員
~40名(先着順)※募集定員になり次第締め切ります。
◆日時・内容
~平日コース 全4回コース 14時~17時~
第1回・・平成28年度5 月 27 日(金)
■講義『過去の災害から学ぶ自助対策の重要性』 ■演習『災害時のジレンマ場面体験』
第2回・・平成28年度6 月 7 日(火)
■講義『練馬区を取り巻く災害と防災施策』 ■実践『防災まちあるき』
実際に町を歩きながら防災上の資源や問題点を確認し、安全に避難するための視点を学びます。
第3回・・6 月 16 日(木)
■講義『避難所開設・運営の現状と課題』 ■実践『避難拠点体験』
過去の災害での避難所の課題や避難生活に必要な家庭での備えを学びます。避難拠点の疑似体験もあります。
第4回・・6 月 24 日(金)
■演習『発災の瞬間を生き延びる術を考える』 ■演習『発災直後に必要な対応を学ぶ
室内の安全対策について各家庭の状況に合わせたアドバイスを行います。また、応急手当や家族との安否確認方法なども学びます。

◆申し込み先
防災学習センター
電話番号:03-5997-6471
ファックス:03-5997-6472
電子メール:KUMINBOUSAI04@city.nerima.tokyo.jp

◆申し込み方法
下記内容を記入の上、電話、メールまたはFAXで申し込み。
(1)講座名(ねりま防災カレッジ事業 初級コース 平日または週末コース)
(2)郵便番号
(3)住所
(4)氏名(ふりがな)
(5)年齢
(6)性別
(7)電話番号

◆申込み締切日
平成28年5月12日(木)17時まで

「ねりま防災カレッジ」は、練馬区HPにも掲載されています。
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/bosai/bo_college/bousaicollege_shokyu.html

防災について学ぶ「ねりま防災カレッジ」 災害が起きても慌てない為に、自分や家族を守る方法を学ぼう! 練馬区 防災 学ぶ

前期・初級・週末コース

平日の昼間は忙しくて参加が難しいという方には、「前期・初級・週末コース」がおすすめです。

◆対象者
~区内在住、在勤、在学の方
◆定員
~40名(先着順)※募集定員になり次第締め切ります。
◆日時・内容
~週末コース 全4回コース 14時~17時~
平成28年5月21日(土)、5月29日(日) 14時~17時、6月12日(日)、6月26日(日)
◆会場
防災学習センター(光が丘6-4-1)

申し込み方法、申し込み先は、平日コースと同じです。

ねりま防災カレッジについて

防災 学ぶ

防災について学ぶ「ねりま防災カレッジ」災害が起きても慌てない為に、自分や家族を守る方法を学ぼう!