カタクリの花が楽しめる「清水山憩いの森」 カタクリの花の見頃は4月上旬 練馬区 カタクリ 花

カタクリの花の見頃は4月上旬

皆さんは、早春に咲く「カタクリ」を見たことがありますか?練馬区におすすめのスポットがあります!

練馬区大泉町にある「清水山憩いの森」は、都内でも珍しく、カタクリの自生地。武蔵野の面影を残そうと、練馬区が土地所有者から借り受け、区民に開放している樹林です。樹林何には、約10万株ものカタクリが生息し、毎年、見頃の3月末~4月上旬は、樹林内の斜面が紫紅色ので染まるそうです。

先日、清水山憩いの森を訪れた時は、カタクリは一分咲。まだ斜面には、ポツポツとしかカタクリは咲いていませんでしたが、樹林内一面に咲く紫紅色のカタクリを、ぜひ見たいと思いました。

「清水山憩いの森」
練馬区大泉町1丁目6番
◆アクセス
(西部バス・国際興業バス)
「土支田二丁目バス停」から徒歩3分
西武池袋線石神井公園北口⇔「土支田二丁目バス停」⇔東武東上線成増駅南口
都営大江戸線光が丘駅⇔「土支田二丁目バス停」(循環)

(練馬区みどりバス)
別荘橋バス停から徒歩5分。土支田地域集会場バス停から徒歩4分。
西武池袋線保谷駅⇔別荘橋バス停⇔土支田地域集会場バス停⇔都営大江戸線光が丘駅

カタクリの花が楽しめる「清水山憩いの森」 カタクリの花の見頃は4月上旬 練馬区 カタクリ 花

カタクリの平均寿命は40~50年!

カタクリは、ユリ科の多年草。が咲いている期間は、1週間ほどですが、なんと、平均寿命は、40~50年!可憐な外見なのに、かなり長生きですね。

カタクリは、地下にりん茎をもつ球根植物。種からが咲くまでに7~8年かかるといわれています。3年で地下5cm、5年で地下7cm、8年で地下15cmまで成長し、この頃にを咲かせます。

とても長生きのカタクリですが、1年のうちに、地表に姿を現すのは、わずか数か月。2月下旬ごろから地表に芽を出し、4月上旬ごろまでに開しますが、5月中旬ごろまでには葉も枯れ、地表からは完全に姿を消してしまいます。カタクリは、地表に姿を見せないほとんどの時期、一目に触れない地下で、ゆっくりじっくり成長するわけです。なんとも辛抱強い野草ですね!

カタクリの花が楽しめる「清水山憩いの森」 カタクリの花の見頃は4月上旬 練馬区 カタクリ 花

カタクリの花の散策は、晴天の日中がおすすめ

カタクリは、暖かな晴天の朝に開き、夕方には閉じてしまいます。寒い日や雨や曇りの日には閉じたままなので、散策は、晴天の日中がおすすめ。

カタクリの見頃は、は桜の見頃とほぼ同じ。「清水山憩いの森」周辺にある白子川沿いの桜並木も見事です。カタクリを見た後に、白子側沿いを散歩するのもおすすめです!

「清水山憩いの森」
練馬区大泉町1丁目6番
◆アクセス
(西部バス・国際興業バス)
「土支田二丁目バス停」から徒歩3分
西武池袋線石神井公園北口⇔「土支田二丁目バス停」⇔東武東上線成増駅南口
都営大江戸線光が丘駅⇔「土支田二丁目バス停」(循環)

(練馬区みどりバス)
別荘橋バス停から徒歩5分。土支田地域集会場バス停から徒歩4分。
西武池袋線保谷駅⇔別荘橋バス停⇔土支田地域集会場バス停⇔都営大江戸線光が丘駅

カタクリの花が楽しめる「清水山憩いの森」について

カタクリ 花

カタクリの花が楽しめる「清水山憩いの森」カタクリの花の見頃は4月上旬