「スマートライフ練馬」主催 江尻みどりさん インタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん 練馬区 スマートライフ 練馬

インタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん

練馬区には様々な方面でご活躍されている方が多くいらっしゃいます。「練おす。」では、練馬区で生き生きと生活していらっしゃる素敵な方にお話を伺って、練馬について語っていただこうという企画「練馬区大好き!」インタビュー特集をお送り致します。記念すべき第一弾は「スマートライフ練馬」の代表、江尻みどりさん。

江尻さんは、厚労省が推進する“Smart Life Project(スマート・ライフ・プロジェクト)“に賛同して2010年に「一般社団法人 元氣人倶楽部」を立ち上げました。更に、2015年10月からは「スマートライフ練馬」 の活動を開始。『心』・『体』・『食』の3つのテーマから、『健康寿命をのばす+大変な時代を乗り越えてこれからの人生を元気に生きる』ことを目標に、地元練馬区の人達に「学び、 考え、仲間と共に実践する場」を提供しています。『心』・『体』・『食』のスペシャリスト達をマイスターとして招聘し、セミナーや勉強会を企画し、集ってこられる皆さんが気軽に楽しく語りあえる交流会やイベントを主催していくそうです。

**********************************
○スマート・ライフ・プロジェクトとは
「健康寿命をのばそう!」をスローガンとする国・厚労省の国家プロジェクトです。単なる長寿でなく、自力で日常生活を送ることができる「健康寿命」をのばすことを目的としています。具体的には、「Smart Walk(毎日10分の早歩き)」・「Smart Eat(毎日350gの野菜)」・「Smart Breath(喫煙)」の3つのアクションで生活習慣病を予防します。2014度からは、Smart Check(健診・検診)を加えて、プロジェクトに加盟する企業・団体・自治体と協力連携しながら推進しています。
――――Smart life project のホームページ http://www.smartlife.go.jp/

***********************************




「スマートライフ練馬」主催 江尻みどりさん インタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん 練馬区 スマートライフ 練馬

スマート・ライフ・プロジェクトへの想い

練馬区は23区で人口は二番目に多いのですが、人口に対する病床数は一番少ないんです。それに健康寿命が平均寿命より約10年短くて、人生最後の10年は要介護状態とは驚きです。今後益々高齢化が進んで、寝たきりや認知症の人達が増えることを考えれば、健康寿命をのばすことは練馬区が一番必要なんだと思ったわけです。それが『スマートライフ練馬』を立ち上げようと決めたきっかけです」と江尻さん。

江尻さんは、これまで様々な業界の企業の人材育成に関わるお仕事をされてきました。カリスマ講師として年間約150日もの講演や研修をこなしてきましたが、疲労がピー クに達し、出張帰途の新幹線の中で倒れてしまいます。幸い一命は取り留めたものの、脳梗塞の後遺症で左半身に多少の麻痺が残ってしまいました。

長年、懇意にしてくれた企業から「引き続き研修講師を務めて欲しい」との要請を受け、現在も講師の活動は続けてはいるものの、「今の私を活かしてもっと世の中の役に立てることはないか?」と模索し始めるようになります。そんな時に出合ったのが厚労省の『スマート・ライフ・プロジェクト』でした。

「仕事に邁進していた時に、もう少し自分の身体の叫びに気が付いていたら・・・。外食が多かっただけに、もっと食事内容に気を使っていたら・・・。身体の悲鳴という前兆があったにもかかわらず無視し続けていたことなど、今になって『こうしておけばよかった!こんな知識があれば病気を未然に防げたはずなのに!』と思うことが沢山あります。『もし、私の経験が役に立つのであれば、多くの人の健康寿命をのばすことに繋がるのではないか?』と思ったんです。自分の体が不自由になって初めて、健康で自在に動ける体でいることの有難味がわかりました。まさに体が資本。そして仕事環境は厳しくなり、ビジネスパーソンは元気を失いがちです。活力がみなぎるから、人生を楽しめて、ますます元気になります。ものの見方・考え方や気持ちの持ち方をちょっと変えてみれば、活力を蘇らせることが出来るはずです。『スマートライフ練馬』を通じて、健康寿命をのばす+大変な時代を乗り越えてこれからの人生を元気に生きるための知恵と方法を練馬区の皆さんと共有したいと思っています。特に多忙なビジネスパーソンの方達には、私の様な不自由な体にしないための予備知識を広めたいですね」と江尻さん。




大きな声でエネルギッシュに話をされる江尻さん。企業研修のベテラン講師なだけあってキラキラとしたオーラを纏っていらっしゃる方でした。現場復帰のための辛いリハビリも乗り越え、笑顔で不自由な体のことや、倒れる前のこともざっくばらんにお話くださいました。
倒れる前は仕事場と家の往復のみで、練馬区の街のことはほとんど知らなかったとおっしゃる江尻さんですが、今は大泉の街中をよく歩くようになったそう。「練馬が好きだから練馬に恩返ししたいのよ」と笑顔でおっしゃる江尻みどりさん。より良い練馬区の為にも益々のご活躍を期待してやみません。



「スマートライフ練馬」主催 江尻みどりさん インタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん 練馬区 スマートライフ 練馬

スマートライフ練馬とは

スマートライフ練馬」は、厚労省『スマート・ライフ・プロジェクト』に加盟する一般社団法人元氣人倶楽部が主催する活動です。『心』・『体』・『食』の3分野から、『健康寿命をのばす+大変な時代を乗り越えてこれからの人生を元気に生きる』為の知恵や方法を学ぶ場を提供しています。

心マイスター(専門家・講師)から「不安を取り除いて元気に生きる秘訣」を学んだり、体マイスターから「身体のケアについての座学と実学」を受けたり、食マイスターから「生活習慣病を防ぐ食の力」を伺ったり・・・など、そんなひと時を一緒に共有できる場を「スマートライフ練馬」で作っていくそう。


○「スマートライフ練馬」のメンバーを募集!

「各方面の専門家にご賛同頂き、セミナーや勉強会の講師(マイスター)となってもらいます。専門家から詳しく話を伺いたいと思う人は多いはず。私一人では出来ないことでもたくさんの仲間となら実現しやすいものです。現役で働いている方、リタイア後に生きがいを見出したい方、子育て中のママ、子育てが終わった方、何か人の役に立ちたいと感じている方など、スマートライフ練馬のメンバーとして募集しています。練馬区在住、練馬区民限定なんて厳しいことは言いません。練馬区に親がいる方でも、練馬区の学校に通ってた方でも、練馬区が故郷で今は違う場所に住んでいる方でも、練馬区に関連していればOK!一緒にやりましょう。」と江尻さん。

江尻みどりさんより~練馬区の皆さんへ http://www.sl-nerima.jp/aim.html
メンバー入会から参加までの流れ http://www.sl-nerima.jp/join.html
スマートライフ練馬の運営について http://www.sl-nerima.jp/News/view/sl_jimukyoku/1

「それに、子守しながら話せる場所がほしい若いお母さんのグループや、勉強会をしたいんだけど区の会議室は一杯で困っているグループにとって、ちょっとした場所を提供してくれるところがあったらいいなと思うんです。そこで『スマートライフ練馬』のセミナー会場を提供することも考えています」と江尻さん。



○「スマートライフ練馬」のサポーターを募集!

スマートライフ練馬の活動に賛同してくださる練馬区の団体・企業、店舗、議員、スポーツ・文化人の方々にサポーターになって頂きたいと思っています。地元練馬区でお店を経営されている方や社員研修にまで手が回らない企業のご担当者様は是非、『スマートライフ練馬』事務局までお問い合わせください。」と江尻さん。

サポーターについてはこちら http://www.sl-nerima.jp/News/view/haku/9





インタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん

スマートライフ 練馬

「スマートライフ練馬」主催 江尻みどりさんインタビュー特集「スマートライフ練馬」江尻みどりさん

広告広報室の記事



「スマートライフ練馬」主...