練馬区立小中学校の給食はおいしい! 人気のカレーはルーから手作り!“おいしい学校給食” 練馬区 給食 おいしい

人気のカレーはルーから手作り!“おいしい学校給食”

皆さんは、小中学生の時に食べた給食の味を覚えていますか?学校の給食はおいしかったでしょうか?

固いコッペパン、冷めたスープ・・現在50代の筆者「推薦者4号」は、給食を「おいしい」と感じた事が少なかったように思います。しかし、今、練馬区内にある区立小中学校に通う子供たちが食べている学校給食は、とってもとってもおいしいです!そして、おいしいだけではありません。子供たちが元気よく成長する為に様々な工夫が凝らされています。

「練馬のおすすめニュース」では、そんな「練馬区の学校給食」をシリーズでご紹介していきます。

今回は、「給食のおいしさ」について。

練馬区では、ほとんどの小中学校が学校内で給食を作っています。そして、“手作り”に拘っています!

子供たちが大好きなカレーやシチュー。ご家庭では、手軽なインスタントルーを使う事が多いのではないでしょうか?

しかし、給食は、ルーから手作りです。大鍋で小麦粉・米サラダ油・バターを炒め、野菜や肉類を入れてスープを入れて煮込みます。夏野菜カレー、シーフードカレー、キーマカレー、大豆入りカレーなど種類も豊富。運動会の前には「カツ(勝つ)カレー」なんてメニューも登場します!大鍋で一度にたくさん煮込んだおいしいカレーは、子供たちに大人気の給食メニューのひとつです。

練馬区立小中学校の給食はおいしい! 人気のカレーはルーから手作り!“おいしい学校給食” 練馬区 給食 おいしい

料理に合わせて素材を変える手作り出汁

給食のメニューは和洋中の料理が登場しますが、なんと、出汁は料理に合わせて素材を変えて手作りします。

洋風料理には鶏がら・豚骨・香味野菜を使い、和風料理は削り節。昆布・干ししいたけの戻し汁を使うこだわりぶり。化学調味料は一切使用していません。出汁の味が濃いので塩分は少な目で味付けされているので、素材本来のおいしさが味わえます。練馬区の学校給食おいしいだけでなく健康的ですね!

練馬区立小中学校の給食はおいしい! 人気のカレーはルーから手作り!“おいしい学校給食” 練馬区 給食 おいしい

出来立ての給食が食べられる!

給食というと「揚げパン」を思い出す方も多いと思います。ほんのり甘い黄な粉がまぶされた「揚げパン」は、おいしいですよね!最近は、蒸しパン、ピザトースト、ガーリックトースト、セルフフィッシュサンドなど「調理パン」の種類も豊富。

でも「揚げパン」などの調理パンは、時間が経つと冷えて少し油っぽくなりおいしさが半減します。だから学校給食では、調理パンも作りします。出来立てアツアツとはいきませんが、子供たちは、ほんのり温かさが残るおいしい「調理パン」を食べることができるのです。

「調理パン」だけでなく、子供たちに出来立ての給食を食べてもらうために、調理師の皆さんは、食べ始める時間から逆算して調理をしているそうです。温かくておいしい給食が食べられる子供たちは幸せですね!

練馬区立小中学校のおいしい給食について

給食 おいしい

練馬区立小中学校の給食はおいしい!人気のカレーはルーから手作り!“おいしい学校給食”