ペットと災害~大切なペットを迷子にしないための備え~ ペットに「身分表示」を付けよう 練馬区 ペット 災害

ペットに「身分表示」を付けよう

「練馬のおすすめニュース」では、『ペット災害』についてお伝えしています。今回のテーマは、「ペットの身分表示」です。

災害時、人間だけでなくペットもパニック状態に陥ります。飼い主の言う事を良く聞くペット災害という異常事態の中では普段と違う行動に出てしまう場合があります。

実際に、飼い主と一緒に避難する途中にはぐれてしまった、ペットを家に残して避難したら逃げ出してしまい行方不明になった、など、過去の災害では、多くのペットが迷子になってしまいました。

そこで、飼い主の皆さんにおすすめしたいのは、ご自分のペットに「身分表示」を付けることです。万が一、災害時にペットが迷子になったとしても、「身分表示」から“飼い主情報”が確認でき、ペットと再会できる確率が高くなるのです。

ペットと災害~大切なペットを迷子にしないための備え~ ペットに「身分表示」を付けよう 練馬区 ペット 災害

ペットの「身分表示」になるもの

ペットの「身分表示」としては次のような種類があります。

(犬)
・首輪
・迷子札
・鑑札や注射済票
 犬は、生涯1回の登録と、年に1回の狂犬病予防注射が法律で義務付けられています。保健所、保険相談所で登録をすると犬鑑札が、狂犬病予防注射接種の届けをすると注射済票が交付されます。
・マイクロチップ

(猫)
・首輪、迷子札
 猫の首輪は、ひっかかりを防止するために、力が加わると外れるタイプが良いでしょう。
・マイクロチップ

飼い主の皆さん、大切なペットを迷子にしないための備えとしてペットへの「身分表示」装着をお忘れなく!

ペットと災害~大切なペットを迷子にしないための備え~ ペットに「身分表示」を付けよう 練馬区 ペット 災害

確実にペットの身分を証明できるマイクロチップ

飼い主の住所や電話番号を確認することができる“個別識別番号”を記録した「マイクロチップ」は、ペットの確実な「身分表示」としておすすめです。

マイクロチップの大きさは、直径2mm、長さ12mm程度の円筒型。動物の首の皮膚の下に専用注射器で挿入しますが、ペットの健康には一切影響はありません。一度装着してしまえば、首輪や迷子札のように外れる心配がないのも安心です。マイクロチップにマイクロチップリーダー(読取器)を当てると、マイクロチップに記録されている15桁の数字(個体識別番号)が表示されます。この個体識別番号より飼い主情報が照合でき、飼い主を特定することができます。

マイクロチップ自体に記録されている15桁の数字は飼い主の住所、電話番号ではありません。飼い主データーを照合する為には、マイクロチップを装着した後に、必ずAIPO(動物ID普及推進会議)にマイクロチップ番号や飼い主の連絡先などの登録手続きを行う必要があります。

マイクロチップは動物病院で装着してもらうことができますので、お近くの動物病院にお問合せください。

『AIPO』とは

Animal Promotion Organization(動物ID普及推進会議)の略。マイクロチップを利用した犬、猫等の家庭動物の個体識別を普及推進するため、(公財)日本動物愛護協会、(公社)日本動物福祉協会、(公社)日本愛玩動物協会、(公社)日本獣医師会の4団体により構成された組織です。(公社)日本獣医師会がマイクロチップのデーターベース登録・管理を行っています。

災害時にペットを迷子にしない為の「身分表示」について

ペット 災害

ペットと災害~大切なペットを迷子にしないための備え~ペットに「身分表示」を付けよう